カテゴリー:行政・省庁

  • 依頼者目線で活動をおこなう弁護士が阿野順一

    弁護士に対して抱くイメージは人それぞれ異なるものがあるはずです。もちろん、弁護士も人間ですから、人それぞれに性格があります。そのため、上から目線で話す弁護士もいれば、難しい言葉を並べ立てて、依頼者が内容を理解できないまま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. インテリアデザイナーになるためには、学生時代にそれに関連した勉強を行わないといけないというイメージを…
  2. 庭野仁司は、血液型がO型、26歳の都内に住んでいる独身男性です。東京都目黒区の実家で家族と一緒に暮ら…
  3. 脱サラをして自営業としてスタートを始めた松岡哲也氏は、長年とても好きだったラーメン屋を始めた実業家で…

アーカイブ

ページ上部へ戻る