西崎泉氏が代表のニンバスは少数精鋭

M&Aに関するあらゆるサービスを提供している企業は国内に数多く存在します。ビジネスシーンでは決して珍しくない企業の買収、M&Aですが成功させるにはそれ相応の知識とノウハウが必要となります。ニンバスアソシエイツ株式会社はM&Aを成功に導くために存在する企業であり、きめ細かいサービス品質が高く評価されています。

ニンバスアソシエイツ株式会社は東京都港区虎ノ門に本社を構えている企業です。東京都港区虎ノ門という場所に本社を構えていることでも同社の規模が伺えますが、このニンバスアソシエイツ株式会社を経営しているのが西崎泉氏です。西崎泉氏は長きに渡って企業M&Aに関わってきた人物であり、大型M&Aもこれまでに数多く経験してきた歴戦の勇士でもあります。そんな西崎泉氏によって設立されたのがM&Aのアドバイザリー企業、ニンバスアソシエイツ株式会社なのです。

ニンバスアソシエイツ株式会社と西崎泉氏がこだわっているのはサービスの品質です。冒頭でも少し触れたように日本国内にはニンバスと同じようなM&Aのアドバイザーやコンサルティングをサービスとして提供している企業が数多く存在します。しかし、提供しているサービスの品質にはばらつきがありますし、決して品質が高いとは言えないサービスを提供しているような企業も中にはあります。M&Aは社運をかけて行うことが多いですし、失敗は決して許されません。西崎泉氏はそれを理解しているからこそサービス品質という部分には細心の注意を払っています。

ニンバスアソシエイツ株式会社がサービス品質を向上させるために具体的にどのような方法を取っているかということですが、一つには少数精鋭主義が挙げられます。ニンバスは少数精鋭のプロフェッショナルだけで構成されており、これによって均質かつ密度の濃いサービスを提供できるようになっています。いたずらにスタッフの人数ばかりを増やすようなM&Aのアドバイザー企業もありますが、そうではなく少数精鋭だからこそできることがあると西崎氏は考えているのです。

ニンバスアソシエイツ株式会社は少数精鋭主義であり一人一人のスタッフが一騎当千のスペシャリストばかりです。スペシャリストが一堂に会しているからこそ少数精鋭での活動が可能となっていますし、そこにM&Aの達人である西崎氏の頭脳やノウハウが加わって、最高品質のサービスを提供できる体制が整っています。こうした部分が多くのクライアントから信頼されている所以でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. インテリアデザイナーになるためには、学生時代にそれに関連した勉強を行わないといけないというイメージを…
  2. 庭野仁司は、血液型がO型、26歳の都内に住んでいる独身男性です。東京都目黒区の実家で家族と一緒に暮ら…
  3. 脱サラをして自営業としてスタートを始めた松岡哲也氏は、長年とても好きだったラーメン屋を始めた実業家で…

アーカイブ

ページ上部へ戻る