花岡篤司がゴルフインストラクターになるまで

ゴルフインストラクターは、自身の腕前も試されます。花岡篤司は何度も試験に挑戦し、公認資格を獲得しました。この段階に至るまでには、様々な葛藤がありました。彼にとって、試験とは「とても困難なもの」でした。合格を勝ち取った時、花岡篤司は涙を流したそうです。どうしてそうなったかを考えるより、相手の気持ちを大切にする事で、この試験を突破しました。ライセンスを持たずとも、アマチュアインストラクターとして指導を行う事が大切だと、彼は考えています。彼の指導は現実味がないように見えますが、彼の存在は大きな力となり、受講生を励ましています。彼は、多くの受講生の力となるため、今日も働かれています。

花岡篤司にとって、知識を用いることは、至極単純です。元々頭がいいため、頭を使うことに長けています。知恵を上手に活用して、多くの悩める子羊を救ってきました。彼にとって、ゴルフのレッスンはビジネスでもあり、善行でもあります。せっかく育てた生徒に裏切られる事もありますが、彼にとっては、その事もまた人生なのです。彼においては、「自分の人生」の一つがゴルフのインストラクターなんだそうです。彼の指導法は「シンプルな答え」を求めることで、「生徒が自分で自分を矯正できること」を実現することです。生徒は、「彼の知識」ではなく、「彼の思いやり」を頼って、指導を受けています。

どんなときも、自分の頭を使うべき。花岡篤司はそう考えます。彼にとっては、すべてがイメージと技術の固まりに見えます。そのため、適切な技術を磨くことで、より理想的なプレーが手に入ると考えられています。インストラクターとして働いているうちに、学歴の大切さを実感したそうです。高学歴の方ほど、余裕があり、こちらの話を丁寧に聞いて下さるそうです。もっとも、ゴルフは努力が必要なスポーツです。一旦良いスコアをとっても、その維持はとても大変です。人体の構造がほぼ同じである以上、この法則は普遍と言えます。

受講生の多くは、面識がない方です。彼らと波長が合わないときは、彼らのニーズを満たすよう、低姿勢に努めているそうです。花岡篤司は、若いころのアルバイト経験を生かし、相手に対する配慮を続けることで、相手との交流を図っています。彼は知らない人に対する壁が厚く、時々無愛想な対応をされます。しかし、このままでは仕事にならないと感じ、若返りに挑戦しているとか。スマホ等の機種を使い、若い人と交流を続けることで、最新の話題についていこうとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 「セカンドアース」この言葉を耳にしたことはあるでしょうか。セカンドアースはVR技術とブロックチェーン…
  2. 企業の生産活動は、取引の相手方であるお客様の満足度を向上させるために日々行われています。そのために営…
  3. 住まいなどのスペースに収納スペースが十分でなかった場合において、諦めているような人もいるかと思います…

アーカイブ

ページ上部へ戻る