写真を趣味にしている浦壁伸周

写真を趣味にしている浦壁伸周は、常に日常の色々なものを撮影しています。彼がカメラに出会ったのは20代前半、それから常にあちこちへ旅行に出ては、多くの人の写真を撮るということをしてきました。もちろん人々だけではなく、旅先で出会った景色や文化、グルメなどもカメラで切り取ってきたのが浦壁伸周です。そういう意味では、写真全般が趣味だと言えるでしょう。浦壁伸周は普段フリーターとして働いているのですが、休みがまとまって取れると、その度に海外旅行や国内旅行に出掛けます。若い時にしかできないということもあって、彼はその体力のある時期に旅に出かけるのです。確かに、年齢を重ねてから頻繁に旅行に行くということは難しいかもしれません。彼の場合はそういう懸念があるからこそ、若い内に世界を旅しておこうと思っているのでしょう。そこで出会ったものすべての写真を撮り、彼は自分の成長に繋げています。

彼自身はフリーターとして働いているのですが、近年そういう働き方は珍しいことではなくなっています。若者の半数が非正規雇用と言われる時代に、運送業の仕事を真面目にこなしている彼はむしろ立派だと言えるでしょう。運送業の仕事をする傍ら、新しい世界に触れて写真を撮るという人生は、彼にとってはとても素敵なものだと言えるのではないでしょうか。まだ見たこともないような絶景が世界には多くあります。世界遺産や秘境にも行けるかもしれません。彼はまだまだフリーターとして働き、空いている時間があれば旅行に旅立つと語っています。青森出身の彼ですが、もはやその活動領域は世界にまで広がっていると言えるのではないでしょうか。そういう意味では、今後も彼がどのようなものを写真で切り取っていくのかが気になるポイントです。写真というのは構図が難しいですし、何を撮影するかによっても大きく変わってきます。浦壁伸周の場合は、そういう写真の勉強も合わせて進めています。今後、写真の質はさらに高くなってくるかもしれません。

今はまだ趣味の段階でしかありませんが、浦壁伸周は写真での活動がこれからメインになってくるかもしれません。運送業のフリーターとして頑張っている彼ですが、もしかしたら写真家になるという日も来るのかもしれません。そういう意味では、彼の写真により興味が出てくる方も多いでしょう。まだまだ彼自身も知らない世界が待っているということで、これからの旅も期待したいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 写真を趣味にしている浦壁伸周は、常に日常の色々なものを撮影しています。彼がカメラに出会ったのは20代…
  2. 秀光ビルドは耐震等級2の条件を満たす家を建てることができます。耐震等級というのは建築基準法によって定…
  3. 川口 美容院を運営しているオカフリースタイルは、地元でも人気のメンズカットが得意な美容院です。その場…

アーカイブ

ページ上部へ戻る