恵良実とごはん料理

料理をすることが大好きで、特にごはんの味の探求をかかさずに行っている恵良実。恵良実は、米どころの出身でごはん食で育ったのでお米のこだわりが人一倍強いといいます。お米も、ブランド米にこだわりますし、味はもちろんのこと食感にもかなりこだわるといいます。新潟県の出身なので、一番好きなお米はコシヒカリ。それ以外にも、あきたこまちやゆめぴりかといったお米もたまに食べているようです。色々なお米を食べ比べるのも結構好きなようです。

恵良実は、東京で一人暮らしをしていて、アパート暮らしです。アパートで一人暮らしをしている彼には料理に関するちょっとした楽しみがあるそうです。アパートに住んでいると、隣近所のごはんの香りが流れてきて、それがどんな料理か想像したりその料理に最適な食べ合わせを考える事が楽しみになっていると言います。少し変わったごはん料理でも積極的に作り、料理のレパートリーを増やしているそうです。小腹が空いた時には基本的におにぎりを作って食べます。作りおきしておくこともしばしばあり、お腹が空いた時にはすぐに食べられて便利ということです。

また、恵良実はいつも自炊をしています。自炊をする時には、ついつい栄養バランスに偏りが出てしまいますが、できるだけ野菜も料理に取り入れて栄養不足を解消するようにしています。ごはんと魚やお豆腐料理、卵料理を中心に、野菜は手軽なサラダなどにして食べることが多いと言います。食べ過ぎたなと感じた時には、スポーツジム通いをしているのでここでボクシングをしたりして減量を行っています。

恵良実は、40代の独身男性です。見た目はとてもやさしそうな会社員風です。東京では、大学時代から暮らしていて色々なごはん料理の探求をしていました。食の流行の移り変わりにも非常に敏感な性格なので、その流行を追うためにも東京にいるといいます。新潟よりも東京の方がトレンドを追いかけやすいので東京での暮らしが気に入っているようです。普段は自炊をしているので、たまに外食をしたくなることがあり、近くのレストランでイタリアンを食べることもあります。米食もイタリアンもフレンチ、中華料理と一通り食べることができるので、こちらも味の探求のために食べているようです。自炊をする時には、パンや麺が主食の料理は作らず、ごはん料理ばかりの様子。それだけごはん食に対して強いこだわりを持っていて、色々な味の探求がしたいと考えているようです。これからも東京で食べたことのないごはん食への追求を行っていくといいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 一般的に、集団の中の個人は複数の役割を持っており、それぞれの役割に期待される事柄は異なります。例えば…
  2. 1.地球温暖化による影響2.地球温暖化の原因1.地球温暖化とは?地球温暖化とは、地球の温度が上昇する…
  3. 「セカンドアース」この言葉を耳にしたことはあるでしょうか。セカンドアースはVR技術とブロックチェーン…
ページ上部へ戻る