脱サラでラーメン屋を始めた松岡哲也

脱サラをして自営業としてスタートを始めた松岡哲也氏は、長年とても好きだったラーメン屋を始めた実業家です。子供の時からラーメンが大好きで、高校生になると近所のラーメン屋だけでなく評判のラーメン屋を訪れてラーメンを食べる学生生活を過ごした人物です。大学へ進学するときに上京をし、ラーメンが気軽に食べることのできる環境に近づくことで、さらにラーメンが好きになります。大学生の時のアルバイトはもちろんラーメン屋とアルバイトを始める前から決めるほど、とてもラーメンが好きな学生でした。しかし、就職をするときにはさまざまな理由から、ラーメン屋ではなく一般的な会社員としての道を選ぶことになります。そのままサラリーマンとして一生を過ごすと思われた松岡哲也氏ですが、転機が訪れることになります。

就職を決めた企業が、外資系企業との合併により今までの職場の環境や待遇が180度異なることになります。仕事に疑問を持ち始めたとき、学生生活に堪能していたラーメン屋を思い出しました。そこでラーメン屋を自分自身で立ち上げることを考えるようになりました。

脱サラを決意した時は35歳で、すでに結婚をしており二児の父親でしたが、両親や家族を説得して会社を辞めました。脱サラ後は、まずはラーメン屋巡りをしながら好きなラーメンを見つけることからスタートしました。そして自分が作りたいラーメンを見つけたときに、そのラーメン屋に弟子入りして修行に励みました。会社員とは異なる道を選ぶことで収入面も激減することになりますが、家族の助けにより5年後40歳の時にラーメン屋として自分の店を持つことに成功しました。

松岡哲也氏は現在ラーメン屋を経営する経営者として厨房に立っている仕事を行っています。長年大好きだったラーメンを仕事にすることができた松岡哲也氏は、毎日大変な1日を過ごしています。朝早くからラーメンのスープを作り、夜10時過ぎまでラーメン屋での対応をして、次の日の準備をするなど、サラリーマン時代の生活とは異なる生活を過ごしています。しかし、松岡哲也氏は大好きなラーメン屋の仕事とすることが出来たことで、とても充実した毎日を過ごしているといいます。松岡哲也氏は、家族の助けにより恵まれた環境で自分の好きなラーメンを職業にすることができた、幸運な人物の1人です。最近では新しいラーメンの店をオープンさせる計画もあり、順風満帆な経営を行っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 庭野仁司は、血液型がO型、26歳の都内に住んでいる独身男性です。東京都目黒区の実家で家族と一緒に暮ら…
  2. 脱サラをして自営業としてスタートを始めた松岡哲也氏は、長年とても好きだったラーメン屋を始めた実業家で…
  3. 今村瀬孝司は、33歳です。この歳でありながらも独身で、一人気ままに生活をしています。そんな彼の仕事は…

アーカイブ

ページ上部へ戻る