小説を書いて暮らす村瀬孝司

今村瀬孝司は、33歳です。この歳でありながらも独身で、一人気ままに生活をしています。そんな彼の仕事はと言うと、小説家の仕事をしているのです。小説家といっても、自由気ままに書いているだけというところがあります。

小説を自由に書いているということで、自分の作品というものも当然あるのですが、別に売れているというわけではありません。普通に本を出したら売れるという感じでもあるのですが、その印税を使って細々と暮らす程度という感じです。何気にヒットした作品もあって、もっともっと本腰を入れたら売れっ子の作家さんになれるのにもったいないといわれることもあるみたいですが、かたくなに今のスタイルを崩そうとはしないわけです。

村瀬孝司がどうして小説家になったのかということですが、それは、彼がそもそも小説が大好きだったことが理由です。そして、あらゆる小説を読んだ彼ですが、そのどれもがストーリーが丸分かりであって、別に面白いとは思えないというところがあったようです。面白くないものばっかりだったら、面白いものが出るのを待っているだけなのか?ということについて悩んだとき、だったら自分で作ってしまえばよいと思った次第です。

これだけ小説を読んだのだから、きっと自分でも面白いものを作ることが出来ると思ったわけです。そんなわけで、自分で小説を作り始めたわけです。村瀬孝司の作ったものは、初期こそ反響を呼んだのですが作品を作るごとに自分の思っていたことを書けなくなっていったわけです。やはり、多くの人の目に触れることが多くなれば、それだけ色んなところに評価が出て回ることになります。その評価は時に村瀬孝司の心を傷つけることもありました。自分が好きでやっていることに対しては、文句を言われたくはないということがあって、執筆のペースを大幅に落とし、それで読んでもらいたいという人に対しての提供をするというスタンスに変えたのです。

ですから、新刊が出るのは2年に1冊くらいのペースです。それでも十分に生活が出来るだけのお金が手に入っているということですから、やはり村瀬孝司はすごい人物であるということが分かります。そして、今村瀬孝司は、長い年月をかけてきた大作を発表する準備をしているのです。それによって、村瀬孝司の名前は大きく広まることになるかもしれません。それでも、彼は今のスタイルを変えることなく、のんびりと創作を続けていくのではないかと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 写真を趣味にしている浦壁伸周は、常に日常の色々なものを撮影しています。彼がカメラに出会ったのは20代…
  2. 秀光ビルドは耐震等級2の条件を満たす家を建てることができます。耐震等級というのは建築基準法によって定…
  3. 川口 美容院を運営しているオカフリースタイルは、地元でも人気のメンズカットが得意な美容院です。その場…

アーカイブ

ページ上部へ戻る