どうぶつ基金を成功させた佐上邦久

どうぶつ基金では、佐上邦久が中心となって動物の殺処分がゼロになる事を目的として活動を続けています。動物が殺処分されてしまう理由の一つに、犬や猫などが避妊手術を行わないことによって増えすぎてしまうといった原因が挙げられるのです。どうぶつ基金ではこのような事態を回避するために、野良猫や野良犬の去勢手術を全国的に行っている事で高い評価を受けています。

どうぶつ基金では、佐上邦久を理事長として、一日でも早い行政機関による動物の殺処分ゼロを目標にして活動を行っています。どうぶつ基金は、日本で初めて行政による動物の殺処分ゼロを目標とした公益社団法人で、動物を守るための精神を様々な人に広めるための啓発活動を、佐上邦久が中心となって積極的に行っています。どうぶつ基金は、環境省が後援となって環境大臣賞の顕彰を行っている期間としても広く知られているのです。公的機関と共に動物愛護活動をすることにより、より活動の幅が広くなり、効率的な組織の運営と啓発活動を行う事が可能になりました。

どうぶつ基金では、公園に生息している飼い主が不明な猫に対しても積極的な支援活動を行っており、公園内の食べ残しなどのトラブルの元を減らす活動を行っています。佐上邦久は、公園に生息している猫を適性に管理するためのボランティアを募集する事により、猫による環境被害を減らすという地道な活動を行っています。佐上邦久のこれらの活動により、公園に住んでいる猫による環境被害を減らすだけでなく、尿のにおいを減らす事により猫の繁殖の機会を減らすという方法に成功しているのです。佐上邦久による地道な活動の一つ一つが高い評価を受け、全国の獣医さんを中心にその活動の幅は広がり続けています。

公益財団法人どうぶつ基金
https://www.doubutukikin.or.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 「セカンドアース」この言葉を耳にしたことはあるでしょうか。セカンドアースはVR技術とブロックチェーン…
  2. 企業の生産活動は、取引の相手方であるお客様の満足度を向上させるために日々行われています。そのために営…
  3. 住まいなどのスペースに収納スペースが十分でなかった場合において、諦めているような人もいるかと思います…

アーカイブ

ページ上部へ戻る